読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWS LIVE TOUR 2015 White 宮城(4/4・4/5)

NEWS stage

コンサート行ってきましたメモ。にゅすちゃんかわいい!たのしい!な精神状態のため支離滅裂気味。

※ネタバレ全開なのでこれからの方は回避してくださいね。


■MR. WHITE
イメージクリップに連動した、MR.WHITEからの指令を受けて動き出すチームWhiteの映像からスタート。この曲からはじまることを想定していたし、期待していたし、それ以外のなにが来ても違和感を感じたとおもう。
メインステにスモークが立ち込めて、せりあがってきた格子の扉ごしにチームWhiteの白い衣装を着たにゅすちゃん。もくもくしてるその向こう側に見つけたときのドキドキ感たまらない。めっちゃもくもくしてたけどな。並び順はたぶん、しげてごますこやで、そのあと進んでくる際に両端の二人が交差して入れ替わってた。曲はかっこいい系だけど、手振りで一緒に踊れるのが好き。シンプルなはじまり。

■ONE -for the win-
色とりどりの長いコートを羽織って衣装チェンジ。メインステでダンス→手越のシャウト→一旦全員はけ→4人がポップアップで出てくる→リズムダンスの流れ。
前述の白い衣装とても好きなので、そうそうに着替え始めて!?ってなった。はやいよ!www一旦はけたりリズムダンスだったり、区切りというか途切れる感じがあるので、もう少し曲はさんでからがよかったかな。

■恋のABO
右サイドステまで移動してきて、アリーナに向かってダンス。まっすの「おまえのお尻をバーン!」を久しぶりに聞けて顔がゆるむ。♪全てをさらけだして~で小山と手越が身体をつっつきあっていちゃいちゃ。いくつになってもお兄ちゃんと弟感がある二人だわー。5日、みんながアリーナに向かってサビを踊ろうとして、ひとりスタンド側にむいてしまったしげちゃんがおまぬけかわいかった。*1
今回妙な外周のつくりで、外周が中央ステまでで一周ない。仙台だけなのかしら。バックステ作れとは言わないけど、外周は一回りあった方がよかったんじゃないかな。トロッコより外周派です。

■NYARO
にゃろ!!サビ前で4人でハートつくるのかわいすぎ問題。これめーっちゃたのしい!です!にゅすは一緒に踊ったりペンラで盛り上がれる曲が多いので、ダンス厨モードでは野鳥の会に入会するものの、基本はペンラ振って踊りたい派閥の私としてもとても好ましい。
4日、曲が終わったあとくらいだったかな。左サイドステにつながる階段のところでこやまがこけて、しげちゃんがこやまに手を差し出すところが見えたんだけど、その前にまっすがちょっかい出してうしろでこけてたっぽい。
5日は中央ステへつづく花道から客席にむかって「右から3番目の彼女」を探すこやま。それに便乗してどこどこーってポーズをするてごしげ。ここは雲の上の世界か。あとにゃんてごがしげちゃんのおしりさわってた。せくはらだわ!

□挨拶
挨拶はこやま→まっす→しげちゃん→手越の順。あんまメモれなかったのでざっくり。

~4日編~

◇こやま
「けーちゃんだよー」
「俺が言ったことににゃろ!って返してね」
「にゃろー!\にゃろー!/」
「にゃんにゃにゃろ♡(おねだり調)」
「今日はお願いしますにゃろー」

謎のにゃろ推し。

◇まっす
「アリーナの化け猫さーん!」
「ここらへんの化け猫さーん!」
「全体的に化け猫さーん!!!」
(そのつど「すみませんねぇ」と入るこやまの保護者風フォロー)
「衣装やってますのでよろしく!」

笑顔で言われたら\キャー♡/ってなるしかない。

◇しげちゃん
(着替えて出てきて、モデルポーズでお願いしまーすって言われてキメ顔)
小山「しげこの丈好きだよね」
しげ「まっすーがそういうのばっか作って…」
小山「いいからはやくしゃべれよ」

いちゃいちゃ。

「ただいま仙台!加藤シゲアキです!」
「アリーナもりあがっていけますか!スタンド盛り上がっていけますか!」
「男子盛り上がって行けますか!!\うぉー/おっ居るねぇ~」
「オネエ!\キャー/大丈夫?ここでカミングアウトして大丈夫?」*2
「さいご(詰まってふふってわらう)最後まで盛り上がっていきましょう!」

◇てごし
「どうもー!てごにゃんだよ☆仙台のみんなー盛り上がんないと牛タンにしてたべちゃうからね☆」(?????)
「世界でいちばん熱い場所にできんの?\イエ―/」

おたくは牛だった説。

着替えからでてきて、しげちゃんに話を振りたいこやまさん。やさしい。

小山「みなさん白熱してますか!(ビビットネタ)」
しげ「いいよ昨日の今日で(苦笑)」

3人がステージにあがるも、最後にまっすが出てこないので呼ぶことに。\まっすー/でメインモニタにステージ裏の映像が。ぽんぽんぽんって叩くように汗をふく真似したり、マイクをシェーバーに見立てて髭剃りポーズとったりしてるまっすがキュート!何か書いてる感じでカメラさんが引いていくと透明のボードにweeeek!透明ボードの演出かわいい。


~5日編~

◇こやま
「けーちゃんだよ!ぼくがなに言っても『にゃろ』って返してください」
「にゃにゃろー\にゃにゃろー!/にゃーにゃろっ\にゃーにゃろ…?/
「すみません、ゴールが見えなくなってきました」
「真っ白な世界を俺色に染めます!」

こやまはいつもにゃーって単語言ってるイメージ。

◇まっす
「にゅーすのイケメン担当増田貴久です!」(小山「あ、そうだったの?」)
「いま小山が真っ白な世界を俺色に染めるって言ってましたが、もう俺色に染まってるからー、そこから小山色に染めるかは小山次第だね」

にゅーすイケメン担当のひとに染まる会場。

◇しげちゃん
(こやますのファッションチェックのあと)
「どうも加藤シゲアキですー!仙台ただいま!\おかえりー/ありがとう!満足した!もう帰るわ!(帰るフリ)\えー/うそだよぉw」
「盛り上がる準備できてますか!」
「男子も盛り上がってんの!?\うぉー!/いるねぇ~*3 男子!\うぉー!/」
「メガネ!\イエー/サングラス!\イエー/外せ(笑)」
「帽子!\イエー/とれって(笑)むれるって(笑)」

◇手越
「おれらとデートしに来たんだよね?」

アッハイ。

手越「ダーリンって言って」\ダーリーン/
しげ「いいなぁ、俺も言ってほしいなぁ。あっ旦那がいい!旦那って言って!」\旦那―/
小山「あなたって言って\あなたー/なんだよぉ~♡♡♡」
しげ「新手のプレイですね」

プレイ…。しげちゃんの「旦那」ってそれニュアンスちがうのではないだろうか(江戸っこ的な意味で)
呼ばれてモニターに映るまっす。頭に片方ずつ手をやって、プン、プン、ってやってて…!ぶりっこますださんソーキュート!(二回目)こやまにつっこまれてにやにやしてて、むぎゅっと抱きしめたかった。

■weeeek
■恋祭り
Wって横についてるトロッコで4人同時に移動。その間バックが8人でてきて外周わちゃわちゃ。にゅすがかわいすぎてバック居ないことを意識していなかったことに気付く。冷静になれよミアミーゴ。
なんの前情報も得ずに行ったのでタオルを持ってなくて、2日目はじまるまえに買いました。客席一面に白いタオルが激しく振り回されている光景はパワーがあった。

■バタフライ
メロディとても好きなんだけど、最後に♪バーターフラーイっていうのが聞こえるまでタイトル出てこない件。
ここではリフトを使用。サイドステの隣にリフトがあって、下手がます、上手がしげちゃん、そしてリフトではなくて中央ステも可動式でそこにこやてご。
4日は降りて中央ステですれちがったますしげがボディタッチかなんかで笑い合ってて、5日はすれ違いざまにハグ…!ハグしてたよ!じたばた!

■フルスイング
左サイド、メインステよりがてご、中央ステよりがしげちゃん。右サイド、メインステ寄りがこやま、中央ステよりがまっすかな。この曲なんど聞いてもこみあげてきて胸が苦しくなる。いまのにゅすはこの曲がベースになってる気さえするほど。
最後の方で次の準備するためはけるこやまさん。

■ロメオ 2015(小山ソロ)
ボタンを止めずにはだけた赤いシャツ、細いパンツと膝元くらいまである斜めにまいた巻きもの。こういう恰好似合うわー。すき。メインステで、バック付きでダンスだったのでとてもじゃにじゃにしてた。最後に上を脱いでうしろむいたときの腰の細さよ!小山に色気を感じることはあまりない私だけど、後ろからだきついて腕で細さを測りたい欲はある。スタイル良すぎじゃろ。
ざっと10年たってこの曲をこういうかたちでコンサートで聞くことになるとは。もう「ロメオ」を聞くことはもうないんだなって強く感じてしまって切ない。でも小山は形はちがえど、残すという点でファンと同調するひとだよね。残してくれてありがとう。

■ESCORT
加藤シゲアキ最高すぎて震えるの巻。
扉のセットが出てきて、そこから出てきたあざやかな水色の服を着た、ホテルのボーイさんに見送られる小山、そのボーイさんはしげちゃん…という曲のつなぎが素敵。セット含めてホテルのロビー風で、ボーイさんに扮したしげちゃんや、バゲージカートやら、世界観が完成されてるソロほど見てて楽しいものはない。しげちゃんってアイドルとしてはダンス寄りでも歌寄りでもないかもしれないけど、いつも独特の世界観があるからソロには期待しかない。おっぺけぺー王子*4に出会ったときから本気でそう思ってる。
しげちゃんの動きメモ。トランクを運ぶ→赤い洋服をもてあそぶ→雑誌を読んでるJrの手前のテーブルにとびのる→バゲージカートに載せたスーツケースの上に座る→Jrによってカートごと左奥のスロープを使って上段へ運ばれる→上につくとハートの小瓶を顔の近くに持ってくる→階段をおりる(Jrはこのあとはける)→テーブルの上にある花瓶からそっと青い花を抜き取る→扉の向こう側にいる女性に花を渡す→扉締めてはける。
一点だけ言うと、5日は角度から手を出す女性(スタッフ)が見えちゃったので*5もう少し見えづらいセットの組み方できなかったかなーとか思った。難しいか。あまい夢のような世界観に酔いたいと思わせるソロでした。

■KAGUYA
メインステにて、Jrの傘ダンスをはさんでTVと同じく傘パフォーマンス。このつなぎ方よかったな。和の世界観大好き。振りがゆるくてもどかしさも覚えてたりするんだけど、でもこの世界観はすきというジレンマ。(傘があると無茶はできない…)まぁ今後このパフォーマンスはコンサートでしないだろうなとおもうので目にやきつけときたい。

チャンカパーナ
メインステ上段に用意されているスタンドマイク。上を脱いでピンクのファー&フード付きパーカーをはおるとあっという間に現代風。このチェンジングがマジックのようで。下はヒョウ柄のパンツのままだったのね。「美しい恋にするよ」のときだけマイク外してカメラさんに近づいてってセリフ。5日こやまが画面にちゅうしたら息がかかったところがスモーク状態www
個人的なこというと、♪Babyチャンチャンチャンカパーナのとこの手振りがいまだにできなくて泣きたい(うД`)

WORLD QUEST [R-midwest Remix]
階段を下りてきてダンス、からのトロッコで中央ステ移動。このリミックスVerは普段聞かないから新鮮。
5日、多分このあたりだったんだけど、中央ステでみんなで向き合う形で円陣を組んでて、こやまだけ先にしゃがんでしまったようで、アレッて顔してて、そのあとにしげちゃんと見合ってにやにや~~~ってしてるのが見えた。あれ3人が間違ってる説も見たけど、どれが正解なんだろう。振り間違えがかわいいかどうかは見てる側によるのだけど、ふたりがにやにやしてるの見て色々ふっとんだ安いおたく。

■さくらガール
何故か6人のイメージが強い曲で、とくにMステで披露した時のことを思い出してしまって、メロディに乗じて切なさのダムが決壊する。♪いつまでも続いてゆくとそんな気がしてた~
中央ステージの右から時計回りにてごしげこやますの立ち位置。♪ラ、ラ、ラブのときにカメラが一人ずつ抜いてくれるんだけど、しげちゃんが><って顔してる隣にこやまがひょいと入り込んできて><って同じ顔して映ろうとしててもう…!こやしげめ…!!かわいさで胸が苦しい…。4日も5日もやってて、モニタに映るのを心待ちにしてました。このかわいさに出会えた奇跡。
恒例のまっすの手のひら落書き。4日は「ポーッ」!?これって手越ネタなのかな?笑いの引き金ひいてた様子。5日は「ますだ」で、まわりにつっこまれると、ラストの「サクラッ↑」のメロディで「ますだッ↑」て歌ってくれた。安定の落書き芸。

■Weather NEWS
ゆびを三本立ててWをつくるパフォーマンス。ペンラを持つと分からなくなるけどね。この曲もすっごい楽しかったなー。MC前は盛り上がって終わりたいので全力で飛んだ。
4日、汗かきながらなのにこやまがフードかぶっててかわいい!と思ったらまっすも。フードはかぶるものですからね。曲中、合いの手でラッスンぽいノリ入れてて(こやまかな?)曲の雰囲気とあわなくて余計に笑ってしまった。流行ってるなぁ~。ラップがとんだしげちゃん、笑ってるけどむむむ~って顔してたのがかわいかった!です!
5日、最初に自らのフードをかぶるこやま。そしてしげちゃんの後ろに静かに近づいてそっとかぶせることに成功すると、手越、まっすも続いてやられていた。(MCで、かぶったら汗だくになってしまって、安易にフードかぶせてごめんねwってあやまる小山)顔は見えないけどかわいさのかたまり。フード最高じゃねーの。
まっすが歌詞を間違えて「1番歌ってしまった♪」って歌に合わせてたら、それを聞いて手越も引きづられてた。どんまい☆

タイトルにひっかけた、everyの天気予報のコーナー風に締め。スーツ姿の顔ハメ看板的な映像があって、顔のところにこやまをうつすっていうチープさきらいじゃないですわ^^


□MC
4/4: NEWS LIVE TOUR 2015 White 宮城(4/4)MC - グレープフルーツムーン
4/5: NEWS LIVE TOUR 2015 White 宮城(4/5)MC - グレープフルーツムーン


■勿忘草
後半戦。サイドステ、右奥から時計回りにしげてごますこや。曲タイトルが思い出せなくてなんだっけーって考えてるうちに終わった。短い。

■あなた(手越ソロ)
手越ソロといえばバラードってイメージが強すぎて*6今回もしっとり歌うだけかなーと思っていたら、まさかのピアノ弾き語り。つまることはなく弾いていたのでかなり練習したんだろうけど、ひたすら見守る姿勢に。ひきがたりなので、リズムがあわせにくいのもあってペンラほとんどゆれてなかった記憶。
5日はハプニングが。まさかの「ピアノの音がでません!」笑いながらちょっとお待ちくださいって言ったので、最初は直す方向に持っていこうとしていたのだろうけど、すぐに「アカペラでうたいます!」って宣言をする手越さん。自己判断だったとしたらその判断力に胸のときめきが加速するし、スタッフからの指示だとしたら、すぐに行動に起こしたことに経験が透けてみえて、目が潤んでしまいそう。そのあとは、水をうったような空間に、ひたすらに手越の声が響くという時間でした。ハプニングだったのにまるで予定調和のようなひととき。

■Skye Beautiful(増田ソロ)
メインステでポンチョはおってうたいあげるまっす。モニタに「Skye」って出るまで、綴りは「Sky」だと思ってた。ゲール語なのかな?映像のなかに飛んでいく鳥。モニタの前で歌いあげるまっすからは壮大な世界がひろがってきた。まっすのソロはいつだって安定のクオリティなので、ただその空間にたゆたっていればいいだけ。
今回は踊らなさそうでちょっと残念と思ってたのだけど、間奏で(とても短いけれど)踊り始めて、あわてて双眼鏡をのぞきこみ。最初でてきたときはポンチョかわいいなーと思ったというのに、踊り始めた瞬間にポンチョ邪魔!と憤ってしまったのはひみつ。もともと体のラインが出るような服をあんまりきてくれないけど、腕すら見えないのは~~~~NO!!!(ダンス厨としては、踊る曲は体のラインが出る服を着ろ!という主張をしたい)歌う増田さん大好きなのにおもわず踊る増田さん大好きな自分がでてきてしまってこまるソロ。

■Black Jack -Inter-
■BYAKUYA
メインステにて。Jrが踊ってる途中で登場して一緒にダンス。サビ部分が右手を△を描くようにうごく振りで、軍隊っぽかった。たぶんWHITEが上、BLACKが下、だとおもうんだけど、二公演だけだと判断つかない。合ってるのか確かめたいのでDVDはよはよ。曲調が某海賊映画っぽい感じだったのでカッコよさを推すだろうとは思ってたけど、ちょっとイメージがちがったかなー。白と黒の世界で黒に脅かされる雰囲気があって、色を感じるつくり。Jrにあやつられるようににゅすちゃんがゆらゆらしながらステ上段へ移動。最後は上から垂れ下がってる布を4人それぞれ引きおろし、キメ顔がメインカメラにうつっておわり。
5日、ここでしげちゃんが髪型を変えてきてくずれおちそうになった。おーあーるぜっと。おでこが出る感じで、左は耳にかけて、右の前髪だけ耳にかかってない分少しおりてる感じ?(語彙力)最近の、前髪を分けずにそのままかるく流してる感じがめっっっっっちゃ好みなので、全否定したかったのだけど、何故か動き始めたらかっこよくみえてきて逆に動揺した…しげちゃんがかっこいいだと…?*7

■SuperSONIC
曲自体は好きだけれど、アルバムだとBYAKUYAがインパクトあったこともあって、パフォーマンスまで意識行ってなかったんだけど、めっちゃくちゃかっこよかった!バック付いてフォーメーション変えながらのガツガツしたダンスナンバーなんて、ジャニヲタの好み以外のなにものでもない。
5日、髪型が変わったせいで、いつにもましてしげちゃんをじっくり追っていたら*8シャキシャキ動いてて。ひいき目を除いてもダンスうまくなったように感じた。だらだら動くようなところが無くなったなって。パフォーマンス以外のところでちからをつけてるなと思っていたけど、それだけじゃなかったのかもしれない。

■SNOW EXPRESS
トロッコでサーッと中央ステへ移動。スタンドマイクがあって、踊らないかと思ったら最後の部分だけ振りやってくれたありがとうございます。この曲大好きなので、春コンなのに楽曲内四季しばりがなくてうれしい。

Winter Moon
これなんだっけって考えててWinterMoonのフレーズで思い出したパターン。曲は好きなんだけど、歌うところをみないせいで馴染みがなさすぎた。私が見たコンサートではやってなかったなぁと思ったらほんとに初だったりするのかな?

■NEWSニッポン
前の曲が終わるとモニタに映し出されるチームWhite。ドラ○エ風に、WebRackがあらわれた、ということで各メン個人でバトルムービー。映像だけど客席参加型のコーナー。

  • 手越→「テゴシはバトルしている」音ゲー風に客席からの手拍子が連動して手越が戦うというテイで見事勝利。
  • しげ→「シゲは足ふみしている」足はやっててもわかりにくいという難点。足場とかがマ○オっぽかったw
  • 小山→「WebRackが見つからない」「コヤマは逃げ出した」うちのリーダーは頼りないキャラで推すんです?
  • 増田→(戦ってる途中でうちわであおいでひとやすみ)「(WebRackが)風に弱いことに気付いた」

巨大化したWebRack、倒すにはみんなの声が必要だ!ということで、ようやくはじまる「To north!」からのNEWSニッポン。久しぶりにきくとにゅすの曲なのにそうじゃないような不思議な感じ。
ここらへんでチェックの衣装にチェンジ。しげちゃん紫メインの色で、途中で上を脱ぐと赤メインぽくなっていて、どちらのいろもメンバーでわかれるときには担当しない珍しいカラーでした。全員で赤とか全員で紫、なら違和感ないのに、個々バラバラのカラーだと違うなぁって思うのなんでだろうな。

■希望~YELL~
■サヤエンドウ
ファンサ曲で、サイドの階段から上がって行ってスタンドトロッコ使用。ファンの間の階段を使うので、危ないなぁと思ってしまうんだけど、にゅすファンは比較的優しい…かな。時計回りをますこや、逆をしげてごが回っていた。トロッコはアリーナだろうがスタンドだろうが、下むいたり背中見せたりがしばらく固定されるので顔が見えなくなりがちなのが好きではない。踊るのたのしいけどね。*9でもファンサしてもらったよ♡後列だったけど♡(ファンサはハイタッチ以外思い込みが8割)

ポコポンペコーリャ
最初は曲なしで手拍子求められて、途中からアカペラで歌がはじまり、音源も入る流れ。手拍子は間があるとあわせやすいんだけど、はやくなると距離もあってずれやすかったね。ふりつけまともに見るのはじめてだったけれど、メインモニタでキャラクターが踊ってて、覚えたくてそれを見ていた。見るものがずれている矛盾。踊りたいので振付DVDください。時計の振付めちゃくちゃかわいい。
ステージでねっころがる手越。5日はこやまもねっころがってた。しげちゃんはおぎょうぎよく座ってたかわいい。仙台に替え歌するまっすってここだったかなー。

■4+FAN
■Fighting Man
中央ステで衣装ぬごうとして、手首のあたりで軽くひっかかったのか、わざとらしくぬけない~~~ってやる増田さん。途中自分のパートがきてしまって脱ぎかけでうたってた。どじっこアピールする増田貴久のアイドル性におののく。かわいいんじゃあほー!

■SEVEN COLORS
Whiteの「真っ白な世界からはじめよう」で始まり、SEVEN COLORS「七色の魔法ゆるぎない夢へ走り出す」で本編が終わるって、色づきはじめた世界に、まだ先があるんだよと感じさせるところが素晴らしい。曲ありきでセトリはつくられるものだけど、セトリのために曲が生まれたよう。
メインステに集合して肩組むんだけど、この振り付け仲間って感じですき!まっすがこやまと肩組んだり(こやまが頭をまっすの胸元によせてたので半ばだきついてる感じ)手越もまっすから来たので、なんだよーって感じでうりゃうりゃって胸で押し返すようにしていて、自然に楽しそうな顔でわちゃわちゃしていて幸せしかない。

終わり方が曲がだらだら続いて少し尻つぼみな感じだったので、この時点では本編は本編でがっつり締め切る終わりの方が好みだなぁと思った…のだけど!続きが!下におりてから透明ボードにLoVe(※4日はVがでかかったw)をかくにゅす。こやまがLをかいて画面にちゅっ!まっすは「ポーッ」とかいいながらVをかいて、ちゅー顔。しげちゃん変顔気味にe書いてちゅっ(はぁと)てごはにこーってわらってoを書いてちゅー。そしてカメラが引いてLOVEの文字。透明ボードに書いていくというのは遊び心があっていいなぁ。なぜかその場で円をかくようにぐるぐるまわってはけ…かけて手越が戻ってきて、なげちゅしてばいばい。5日はひげダンスみたいのをしてはけるにゅす。このぐだぐだかわいいのでごまかされた感は正直ある。

■EC/White Love Story
シャララララ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*と、メインモニタに表示されたままのLOVEの左側にWhite、右側にStoryの文字が表示されると4人が登場。階段に座ってしっとりうたうにゅすさん。4日はばらばらにすわってたはず。
5日、どうしたのしげちゃんこやまの隣に座って…(真顔)とおもったら手越もきた。(座る順番ちがったらごめんなさい)オフマイクでしゃべるてごしげ。この二人が喋ってるとどちらも年相応な感じがするよね。まっすが気づいてないのかひとりだけ下に居て、上で並んですわる3人に気付いて、エッて顔wwwこやまが自分の隣をぽんぽんってしたんだけど、下でバレエっぽいダンスを踊るまっす。笑うところ。最後に階段上がってきて、ちょこんと並んで座る4人……。なんだこのかわいすぎる30歳と28歳と27歳×2…(震)
終わったあと、まっすのマイクがあたまにゴツンとぶつかって悶絶するこやまwwwwまっすが焦ってごめんごめん><ってあやまってて、こやまは「次いきづれーw」って痛そうだったけど笑ってた。なでなで。

ところでツアーTシャツのアレンジにキャラクターが垣間見えるのはどこのユニットも同じなのかな。しげちゃんだけ背中のWがギラッギラにひかってた。どうしたよ。他の子は胸元のWがキラキラしていたのだけど、こちらは手越のが使うストーンがちがうのか一番キラキラしていた気がする。これ手越のを見て、しげちゃんが俺は背中やってってなってたら面白いのになぁっていう妄想。

■EC/渚のお姉サマー
4日、「はじめちゃってもいいんじゃない」をセリフ調にいうしげちゃん。はじめようぜ。ファンサ曲だったけど、みんなちょいちょい振りやりながら移動してた。この曲振付めちゃくちゃかわいいので、今後もよろしくおねがいしたい。

□Jr紹介
紹介するのしげますって前もやってた気がするけどいつだっけ。「しげ、(メインステへ)もどるよー!」ってかけていくまっすと、とてとてあるくしげちゃん。走れやwww5日は戻るときにスタンドに向かってなげちゅするアイドルまっす。
渡辺大輝のことダイキって言ってなかった?w聞き間違いかなー。しばらくぶりにJrみるからぜんっぜん誰もわかんなくて、この子だけバトン(2号)だ!って思いだしました。はるはる顔かわってなさすぎ。逆に顔めっちゃ変わっててびっくりしたのがたつおき。思春期こわい。

■EC/愛言葉
12年目になりました、とか応援よろしくお願いしますというしげちゃんのご挨拶。もうそんなにたったんだな…。時計回りにますてごこやしげという立ち位置。この曲、涙腺にジャブ入れてくるよね。4合わせで4本の指をたてる仕草に、思いがこもりすぎる。
曲が終わってありがとーって言って帰ってくにゅすの背中を見送ると、Mr.WHITEのメッセージがモニタに出て、ライトがつくと、今度は場内アナウンスでも「これにてチームホワイトの任務は完了しました」という案内が。最後まで世界観を統一させていた、丁寧なつくりで、とても良い夢を見られた気分。

…といっても正直Wアンコあるものだと思っていたのだけど、4日は無かった。個人的に「愛言葉」で終わってしまうと、私が思っていた本編の終わりのようで、まだデザートが残ってるような感じがする。お客さんがほとんどねばらずにさくさく帰ってくからとてもびっくり。そりゃしげちゃんがお仕事あったりするから無理だとしても…にゅす担さらっとしたひとが多いのかしら。

■EC2/NYARO
5日はまだ名残惜しげにしてるひとが多かったからか、出てきてくれてこの曲を。ほんっとにめっちゃ楽しい…!全力でにゃろりました。コンサートのほんとのほんとの最後の曲はこういうノリのいい曲で締めたいという理想。


わたしがコンサートというものに参加するのが久しぶりだったこともあって、すっごく楽しいコンサートでした。*10事前に聞き込んだ直近のシングルやアルバムも好みだったので楽しみにはしてたんですが、予想とは違った魅力的なパフォーマンスが見れました。
そしてなにより、こんなみんなわちゃわちゃしてた?ってくらい、4人が楽しそうで。美恋コンのときよりいい意味でちからが抜けてたなと感じました。大人になって、楽しみ方も覚えてきたのかな。つっつけば色々ボロはあるんだけどwでも昔のコンサートも楽しかったけど、今回のコンサートでこんなにも楽しかった!っていう記憶が新しく出来てとてもとてもうれしい。耳に残る生声の挨拶という幸せの名残をむねに会場をあとにしました。ありがとう♡

*1:振り間違いとか基本は許せない人間なので、この頭の沸き具合が我ながら心配です…

*2:笑い含んだわざとっぽい感じで、この言い方めっちゃかわいかった

*3:にやーっとうれしそうにわらっててかわいい

*4:HAPPY MUSIC

*5:たぶん上手からはほとんど見えるはず

*6:Addictやったの忘れるくらいに

*7:基本は「かわいい」というスタンス

*8:ダンス曲は増田さんをみてしまいがち

*9:とくにサヤエンは♪ぶらーぼーぶらーぼーぐーちょきぱーあーたまむーねーおしーり、って声が脳内再生される

*10:にゅすは美恋、コン自体はきすまいGoodコン以来